自律神経の乱れについて

自律神経系の症状の改善率89.9%!

当院が元の生活を取り戻すお手伝いをいたします

こんなお悩みはありませんか?

  • ついイライラして家族に当たってしまい後で後悔する
  • 季節の変わり目によく眠れなくなる
  • 動悸がして眠れない
  • 呼吸が浅くて息苦しい感じがする
  • 夜中に無意識につい何か食べてしまう

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

自律神経の乱れの原因は多岐にわたります

自律神経の乱れを引き起こす原因は以下のようなものがあります。

気候の変化についていけない

台風や低気圧の影響で頭痛や体調不良になる方が多くいます。人間も生ものですから、やっぱり地球の変化の影響を受けています。

体のコンディションが良ければ問題ないのですが切り替えが上手くいかない方は、季節の変わり目ごとに体調を崩します。

我慢はストレスを増やす

昭和以前は我慢は美徳でした。

それはそれで良いところはありますが、やはり我慢を貯めるとやがて体に不調が出て来ます。

八方美人はお腹を壊す

社会生活において誰にでも愛想が良くて、親しみやすくて、社交性があって、というのは理想的ですよね。ただ「心」にはけっこう負担がかかっています。嫌われないように、物事が円滑に運ぶように人一倍「気を消耗している」ともいえるのです。さらに不安を消そうとして頑張ることで消化や吸収にも影響がでてくることもあります。

考えすぎは不眠のもと

例えば暑くて寝苦しいという経験は誰にでもあると思います。それとは別に物事を考えすぎてしまうと不安や不満の「負の連鎖で」次々に不安が波のように押し寄せてきて眠れなくなってしまいます。

東洋医学では「怒り・喜び・思い・憂い・悲しみ・恐怖・驚き」が過ぎてしまうと体に影響しますよ、といっています。

これは現代でいう自律神経の乱れになります。現代で生活していてストレスが全くないことは考えられません。ストレスで一気に体を壊すことは少ないですが、継続的なストレスは本人の感覚がマヒしていき徐々に体をむしばんでいきます。

自律神経は体をバランスを保とうとコントロールしている神経です。そのコントロールが効かなくなると食事・睡眠・やる気など日常生活に直接影響していきます。

ご安心下さい!当院が自律神経の乱れからあなたを救います!

当院では心の不調は「セロトニンの不足」が問題である、と判断します。

セロトニンは脳の中で「やる気」や「元気」を調整しています。自律神経の乱れは「本人の気持ち」の問題や、「やる気」の問題ではなく脳内のセロトニンの量が少ないことが大きな原因の1つになります。セロトニンが不足していると感情ややる気の調節が出来なくなり自律神経の乱れにつながっていると考えています。

当院ではセロトニンを増やす整体「セロトニン活性療法」と「鍼灸」「漢方」を組み合わせて脳内セロトニンの量を増やし感情の調整が出来るようにします。ソフトでやさしい整体でセロトニンの量を増やすことで心と体が軽くなり機能的に体が動かせるようになります。朝、起きるのが楽になります。動くことの面倒臭く無くなります。それが自律神経の乱れを整える最初の一歩となります。

※本施術はセロトニン活性療法協会の認定調律師である院長の奥山が担当いたします。

※当施術は完全予約制であり、その他コースとは別の様式になる為、別途ご案内が必要になります。
24時間予約システムからは受付できません。現在のところお電話での対応のみとさせていただきます。予めご了承ください。

※料金は7700円(税込)となります。